株式投資やNISA、イデコ、FXなどに関する金融メディア

Sensis(センシーズ)

「iDeCo」 一覧

イデコのセミナー

iDeCo

東京開催のiDeCo(イデコ)の無料セミナー。SBI証券・楽天証券・野村證券など

2018/12/17  

東京では、iDeCo(イデコ)のセミナーが数多く開催されています。SBI証券や楽天証券などの金融機関からファイナンシャルプランナーによるセミナーまで種類はさまざまです。iDeCoを検討している方は、一 ...

イデコのポータルサイトを写している画面

iDeCo

iDeCo(イデコ)のおすすめポータルサイトをご紹介。情報収集はポータルサイトで

2018/12/17  

iDeCoの情報は、本やサイト、セミナーなどで学ぶことができます。こちらの記事では、iDeCoの情報が学べるポータルサイトをご紹介します。ポータルサイトには、iDeCo公式やJIS&T、みずほ銀行など ...

イデコのニュースが掲載されている新聞

iDeCo

iDeCo(イデコ)のおすすめニュースサイトをご紹介。最新情報を手に入れましょう

2018/12/17  

iDeCo(イデコ)は、加入者自身が資産運用を行う年金制度です。そのため、iDeCoの制度改正や最新ニュースを加入者自身が把握する必要があります。こちらの記事では、iDeCoのニュースやコラム記事を取 ...

イデコのセミナー

iDeCo

iDeCo(イデコ)の全国無料セミナーをご紹介。東京・大阪・名古屋・福岡など

2018/12/17  

iDeCo(イデコ)のセミナーは、東京だけでなく、大阪や名古屋、福岡で無料で開催されています。こちらでは、無料でセミナーを開催している金融機関をご紹介します。加入を検討されている方は、一度参加してみま ...

イデコのやり方を調べている人

iDeCo

iDeCo(イデコ)のやり方を解説。仕組みやメリットを理解してから加入手続きを

2018/12/11  

iDeCo(イデコ)とは、2001年に開始した個人型確定拠出年金の愛称です。職業に応じて加入資格や掛金の上限額が設けられており、また確定申告や年末調整など、節税の手続きも異なります。iDeCoを始める ...

イデコの引き落とし口座に入金するお金

iDeCo

iDeCo(イデコ)の引き落とし口座の変更方法。本人名義の口座のみ利用できます

2018/12/11  

iDeCo(イデコ)の引き落とし口座を変更する場合、運用管理機関にて変更手続きを行います。SBI証券や楽天証券によって資料請求の方法が異なり、また、利用できない銀行口座もあるため注意が必要です。手続き ...

イデコの退職金所得控除を計算している人

iDeCo

iDeCo(イデコ)と退職金の違いは?退職金所得控除は最大限に活用するためには

2018/12/11  

iDeCo(イデコ)の資産を一括で受け取る場合、その資産は一時金(退職金)扱いとなります。一括受け取りでは、退職所得控除を受けることができますが、勤め先の退職金と合算した控除額となります。税金を安く抑 ...

イデコの住所変更手続きを調べている人

iDeCo

iDeCo(イデコ)の住所変更手続きを解説。変更した方は、すみやかに手続きを

2018/12/10  

iDeCo(イデコ)の加入者は、住所が変わった場合には、各運用管理機関にて変更手続きを行う必要があります。SBI証券や楽天証券の運用管理機関によって、必要書類の取り寄せ方法が異なるため必ず確認しましょ ...

イデコの変更手続きを行なっている人

iDeCo

iDeCo(イデコ)の変更手続き方法を解説。金額や金融機関の見直しましょう

2019/7/4  

iDeCo(イデコ)は、個人で商品の選定から資産の運用まで行う年金制度です。そのため、資産運用の商品や金額の変更は加入者自身で行わなければいけません。各手続きには、必要書類や申し込み締切日、手続き内容 ...

イデコの金額変更を調べている

iDeCo

iDeCo(イデコ)の金額変更は年に一度のみ。手続き方法を確認しましょう

2018/12/10  

iDeCo(イデコ)は年に一度掛金を変更することができます。ただし、インターネットではなく書面でのみ手続きが可能です。変更する際は、SBI証券や楽天証券の公式サイトから変更届を取り寄せましょう。また、 ...

イデコの退職時の手続き方法を調べている

iDeCo

iDeCo(イデコ)の加入者が退職や転職した時の手続きは?専業主婦も必要か

2018/12/10  

iDeCoの加入者が退職や転職した場合、勤め先の企業型確定拠出年金の有無によって必要な手続きが異なります。もし、一定期間内に必要手続きを行わなわず放置した場合、自動移換の措置が取られます。自動移換は手 ...

イデコの資産を受け取っている人

iDeCo

iDeCo(イデコ)の受け取り期間は最大で何年?老齢給付金や障害給付金の手続きとは

2018/12/6  

iDeCo(イデコ)の受け取り方法は、老齢給付金、障害給付金、死亡一時金、脱退一時金に分けられます。それぞれ受け取り手続きが異なり、また一括もしくは分割で受け取るかによって税金額も異なります。さらに、 ...

イデコの移換手続きについて調べている人

iDeCo

iDeCo(イデコ)の移換には手数料がかかります。移換手続きは計画的に

2018/12/6  

iDeCo(イデコ)の資産は、加入後にほかの運用管理機関に移換することができます。ただし、移換する際にはいくつか注意が必要です。まず、移換には1〜2ヶ月程度の期間がかかります。さらに、移換する際には移 ...

イデコのおすすめブログを見ている人

iDeCo

iDeCo(イデコ)のおすすめブログ14選。初心者向けから公務員向けまでご紹介

2018/12/28  

iDeCo(イデコ)は、個人が加入手続きから資産運用まで行う年金制度です。そのため、加入者自身の情報収集が重要になります。こちらでは、iDeCoの情報収集におすすめのブログを、初心者向け、運用、金融機 ...

イデコの定期預金について学んでいる人

iDeCo

iDeCo(イデコ)の定期預金にメリットはあるか。加入者は手数料を考慮した運用を

2018/12/5  

iDeCo(イデコ)とは、定期預金や投資信託の金融商品を加入者自身が運用する年金制度です。定期預金は元本割れのリスクがないことや節税ができるメリットがあります。その一方で金利が低く、手数料を下回ってし ...

イデコの途中解約する契約書

iDeCo

iDeCo(イデコ)を途中解約の条件とは。脱退一時金はどれぐらい受け取れる?

2019/3/7  

iDeCoは原則解約できない年金制度です。そのため、資産の引き出しは、受給年齢である60歳になるまでできません。しかし、例外的に解約できる場合があります。加入者が死亡した場合などは解約することができ、 ...

イデコ加入者の転職

iDeCo

iDeCo(イデコ)加入者は転職の際に手続きが必要です。手続き方法のご確認を

2018/12/5  

iDeCo(イデコ)の加入者が転職した場合、iDeCoを引き続き継続することはできます。しかし、登録事業所の証明書の提出が求められます。さらに、自営業・専業主婦(夫)の方が会社員や公務員になる場合は、 ...

イデコの死亡一時金について調べている人

iDeCo

iDeCo(イデコ)の加入者が死亡した場合、受取人はいくら受け取ることができる?

2018/12/5  

iDeCoの加入者が死亡した場合、遺族は死亡一時金としてiDeCoの資産全額を受け取ることができます。ただし、この死亡一時金の受け取りには注意が必要です。1点は受取人による請求手続きが必要なことと、2 ...

イデコの掛金に必要なお金

iDeCo

iDeCo(イデコ)の上限額は職業ごとに異なります。特に会社員の方は注意を

2018/12/5  

iDeCoに加入する際は、掛金の上限額の確認と適切な掛金額を設定する必要があります。上限額においては、職業ごとに異なります。特に会社員は企業年金によって上限額が変わるため注意しましょう。掛金の設定にお ...

イデコの情報を学べる本

iDeCo

iDeCo(イデコ)のおすすめの本は?初心者、公務員に読んでほしいおすすめ本18選

2019/3/22  

iDeCo(イデコ)の情報を知るための効率的な手段は本を読むことです。本に掲載されている情報は信ぴょう性が高く、投資経験がない方でもiDeCoを学ぶことができます。今回は、初心者、公務員向けのおすすめ ...

Copyright© Sensis(センシーズ) , 2019 All Rights Reserved.