株式投資やNISA、イデコ、FXなどに関する金融メディア

Sensis(センシーズ)

FX

ヒロセ通商のFXの口コミは?スプレッド・キャンペーン・レバレッジについて解説

更新日:

ヒロセ通商は、豊富なキャンペーンとスキャルピング公認のFX業者として、トレーダーから人気のあるFX業者です。そんなヒロセ通商について、スプレッド、レバレッジ、口コミ、口座開設方法など解説します。また、ヒロセ通商では、無料のデモトレードを利用することができます。気になる方は、一度デモトレードを試してみましょう。

ヒロセ通商のFXについて調べている人

ヒロセ通商とは

ヒロセ通商は、2004年に設立されたFXを専門に取り扱う金融先物取引業者です。子会社に同じくFX業者のJFXがあり、ヒロセ通商とJFXは、スプレッドとスワップポイントが同じです。

ただし、通貨ペア数は異なり、ヒロセ通商では50通貨ペア、JFXでは24通貨ペアとなっています。また、サポート体制や相談窓口の受付時間も異なるため、混同しないように注意しましょう。

ヒロセ通商の特徴

FX業者は、サービス内容や取引において、強みや特徴があります。それぞれの特徴を把握し、「コストを抑えたい」「使いやすい取引ツールがいい」など、ご自身のトレードスタイルと相性の良いFX業者を選びましょう。

メリット

ヒロセ通商のメリットは、取り扱い通貨ペア数とキャンペーンのサービス内容が充実しており、数少ないスキャルピング公認FX業者である点です。

  • 50を超える通貨ペア数
  • ヒロセ通商では、50通貨ペアを取り扱っています。国内FX業者の通貨ペア数が平均して20前後であるなか、ヒロセ通商の50通貨ペアは、他のFX業者と比べて群を抜いた数を誇ります。主要な米ドル、ポンド、ユーロからマイナーなハンガリーフォリントやポーランドズロチまで幅広く取り扱っています。

  • 豊富なキャンペーン
  • ヒロセ通商は、独自のサービスを展開していることで知られています。例えば、ヒロセ通商の強みであるキャンペーンでは、高級黒木和牛や海鮮セットのプレゼントなど、他のFX業者ではあまり開催されないようなキャンペーンを定期的に行われています。

  • スキャルピングを公認
  • ヒロセ通商はスキャルピングを容認しているFX業者でもあります。スキャルピングとは、1日の間に何度も取引を行うトレードスタイルです。スキャルピングはサーバー負担が懸念されるため、禁止するFX業者もあるなか、ヒロセ通商は容認している数少ないFX業者です。短期売買を行いたいトレーダーと相性の良いFX業者です。

    ヒロセ通商で始める

    デメリット

    ヒロセ通商のデメリットは、自動売買ができない点です。

  • 自動売買ができない
  • ヒロセ通商では、自動売買ツールやサービスを提供していません。自動売買とは、あらかじめ搭載された自動売買プログラムにもとづいて売買注文を行う方法であり、システムトレードと呼ばれることもあります。

    自動売買ツールがないため、すべて裁量トレードで取引を行わなければいけません。自動売買を利用したい方は、ヒロセ通商以外の口座を開設する必要があります。

    ヒロセ通商LIONFXの詳細

    ヒロセ通商では、LIONFXと呼ばれるFXサービスが利用できます。ここからは、LIONFXについて、通貨ペアやスプレッド、スワップポイントごとに詳しくご紹介します。

    取扱商品

    まずは、ヒロセ通商LIONFXの取り扱い通貨ペアと取引単位です。取引単位は、小さければ小さいほど少額資金で取引できるため、少額投資を検討されている方は取引単位は必ず確認するようにしましょう。

    通貨ペア数

    上述したように、ヒロセ通商のLIONFXは豊富な通貨ペアを取り扱っています。主要ペアだけでなく、マイナーペアを利用したい方にとっては、非常に相性の良いFX業者です。

    以下は、ヒロセ通商が取り扱う全50通貨ペアです。

    豪ドル/カナダドル 豪ドル/スイスフラン
    豪ドル/円 豪ドル/NZドル
    豪ドル/米ドル カナダドル/スイスフラン
    カナダドル/円 スイスフラン/円
    ユーロ/豪ドル ユーロ/カナダドル
    ユーロ/スイスフラン ユーロ/ポンド
    ユーロ/円 ユーロ/ノルウェークローネ
    ユーロ/NZドル ユーロ/ポーランドズロチ
    ユーロ/スウェーデンクローナ ユーロ/シンガポールドル
    ユーロ/トルコリラ ユーロ/米ドル
    ユーロ/南アフリカランド ポンド/豪ドル
    ポンド/カナダドル ポンド/スイスフラン
    ポンド/円 ポンド/NZドル
    ポンド/米ドル 香港ドル/円
    ハンガリーフォリント/円 メキシコペソ/円
    ノルウェークローネ/円 NZドル/カナダドル
    NZドル/スイスフラン NZドル/円
    NZドル/米ドル ポーランドズロチ/円
    スウェーデンクローナ/円 シンガポールドル/円
    トルコリラ/円 米ドル/カナダドル
    米ドル/スイスフラン 米ドル/香港ドル
    米ドル/ハンガリーフォリント 米ドル/円
    米ドル/メキシコペソ 米ドル/ポーランドズロチ
    米ドル/シンガポールドル 米ドル/トルコリラ
    米ドル/南アフリカランド 南アフリカランド/円

    ヒロセ通商で始める

    参考:ヒロセ通商が選ばれる理由(ヒロセ通商公式サイト)

    最低取引単位数

    最低取引単位数とは、FXの1度の取引における取引単位です。

    ヒロセ通商では、1,000通貨単位から取引することができます。取引単位数が低いほど少額資金で投資ができ、1,000通貨単位は比較的低い取引単位数となっています。

    上限取引単位数

    上限取引単位数とは、1度の取引における最大取引数量です。

    ヒロセ通商では、通貨ペアごとに上限が設定されています。

    通貨ペア 上限取引単位数
    豪ドル/カナダドル 200万通貨
    豪ドル/スイスフラン 300万通貨
    豪ドル/円 300万通貨
    豪ドル/NZドル 300万通貨
    豪ドル/米ドル 300万通貨
    カナダドル/スイスフラン 300万通貨
    カナダドル/円 300万通貨
    スイスフラン/円 300万通貨
    ユーロ/豪ドル 200万通貨
    ユーロ/カナダドル 200万通貨
    ユーロ/スイスフラン 200万通貨
    ユーロ/ポンド 300万通貨
    ユーロ/円 300万通貨
    ユーロ/ノルウェークローネ 150万通貨
    ユーロ/NZドル 200万通貨
    ユーロ/ポーランドズロチ 100万通貨
    ユーロ/スウェーデンクローナ 150万通貨
    ユーロ/シンガポールドル 100万通貨
    ユーロ/トルコリラ 50万通貨
    ユーロ/米ドル 300万通貨
    ユーロ/南アフリカランド 100万通貨
    ポンド/豪ドル 150万通貨
    ポンド/カナダドル 150万通貨
    ポンド/スイスフラン 150万通貨
    ポンド/円 200万通貨
    ポンド/NZドル 150万通貨
    ポンド/米ドル 200万通貨
    香港ドル/円 1500万通貨
    ハンガリーフォリント/円 300万通貨
    メキシコペソ/円 100万通貨
    ノルウェークローネ/円 1500万通貨
    NZドル/カナダドル 200万通貨
    NZドル/スイスフラン 200万通貨
    NZドル/円 300万通貨
    NZドル/米ドル 300万通貨
    ポーランドズロチ/円 100万通貨
    スウェーデンクローナ/円 1500万通貨
    シンガポールドル/円 150万通貨
    トルコリラ/円 50万通貨
    米ドル/カナダドル 300万通貨
    米ドル/スイスフラン 300万通貨
    米ドル/香港ドル 150万通貨
    米ドル/ハンガリーフォリント 100万通貨
    米ドル/円 300万通貨
    米ドル/メキシコペソ 50万通貨
    米ドル/ポーランドズロチ 100万通貨
    米ドル/シンガポールドル 100万通貨
    米ドル/トルコリラ 50万通貨
    米ドル/南アフリカランド 100万通貨
    南アフリカランド/円 500万通貨

    参考:取引説明書(ヒロセ通商)

    コスト・利益

    FXでは、口座開設の際には口座開設費が、取引の際にはスプレッドと呼ばれるコストが発生します。特にスプレッドは、取引をするたびに発生するコストです。できるだけスプレッド狭い(低い)FX業者を選び、取引コストを抑えましょう。

    FXのスプレッドはトレーダーにとって手数料。変動要因や計算方法を理解しましょう

    手数料

    ヒロセ通商では、口座開設や取引手数料は発生しません。以下は、ヒロセ通商における手数料です。

    手数料 料金
    口座維持費 無料
    取引手数料 無料
    日本円の入金手数料 無料(*1)
    日本円の出金手数料 無料

    (*1:振込入金の場合は、振込手数料は自己負担となります。)

    参考:入金・出金について(ヒロセ通商公式サイト)

    スプレッド

    上述したように、スプレッドは取引におけるコストです。スプレッドが狭いFX業者を利用すると、取引コストを安く抑えることができます。

    以下は、ヒロセ通商における主要4ペアのスプレッドです。

    通貨ペア スプレッド
    米ドル/円 0.3銭(原則固定*1)
    ユーロ/円 0.5銭
    ポンド/円 1.0銭
    豪ドル/円 0.7銭

    (*1:基本的には表示されたスプレッドで取引できますが、相場が急変動した場合はスプレッドが変更される可能性があります。)

    スリッページ(約定力)

    FXでは、注文価格と実際に確定した価格に差が生じることがあります。この差をスリッページと言います。スリッページを最小限に抑えるためには、約定力が高いFX会社を選ぶことが大切です。(*1)

    ただし、約定力は公式サイトで公表されるものではないため、利用者の評価や口コミから自己判断する必要があります。一度ご自身で評価や口コミを調査し、できるだけ利用者の評判が高いFX業者を選ぶようにしましょう。

    以下は、ヒロセ通商の利用者の口コミや評価を一部抜粋したものです。

    (*1:約定力とは、投資家の希望通りに注文が通る割合や確率のことを指します)

    スワップポイント

    スワップポイントとは、取引する通貨の金利差で、業者ごとに異なります。

    以下は、ヒロセ通商の主要4ペアのスワップポイントを抜粋したものです。(*1)

    通貨ペア スワップポイント
    米ドル/円 買い 2円/売り -12円
    ユーロ/円 買い -3.5円/売り -1.5円
    ポンド/円 買い 2円/売り -9.9円
    豪ドル/円 買い 5円/売り -10.5円

    (*1:2019年1月28日時点の数値)

    キャッシュバック/キャンペーン

    ヒロセ通商では、豊富なキャンペーンが開催されていることが特徴です。他のFX業者と比較しても、キャンペーン数は群を抜いています。

    以下は、ヒロセ通商のキャンペーンを一部抜粋したものです。

    キャンペーン名 内容 期間
    LIONFXユーロ米ドル取引高キャンペーン 期間中、ユーロ/米ドルの取引高に応じて最大10万円キャッシュバック 2019/2/1~2019/3/1
    2月のりかえキャンペーン ヒロセ通商で口座開設&対象通貨ペアを1万通貨以上取引で2,000円キャッシュバック 2019/2/1~2019/2/28
    旨さ大爆発!ど迫力の食べ応え!魅惑の本格中華祭 対象取引数量以上の取引で中華食品プレゼント 2019/2/1~2019/3/1

    ヒロセ通商で始める

    参考:キャンペーン情報一覧(ヒロセ通商公式サイト)

    機能

    FXは、利用する業者ごとに取引ツールが異なるため、ツールに搭載されている注文機能も異なります。自身のトレードスタイルに合わせて、利用できる注文機能を確認しましょう。

    注文機能

    ヒロセ通商では、以下の種類の注文機能が利用できます。

    成行

    リアルタイムのレートで買いや売りの注文を出す方法です。あらかじめ価格を指定するのではなく、その瞬間の価格で売買します。

    指値

    あらかじめ設定したレートに到達した場合に注文を確定する方法です。

    逆指値

    あらかじめレートを設定し、予想外の値動きをした場合に、損失を拡大させないために注文(ロスカット)を確定する方法です。

    IFD

    新規注文と決済注文の2つの注文を同時に出す方法です。通常、注文と決済は別で発注しますが、IFDは両方同時に行います。

    OCO

    2つの注文(指値と逆指値)を同時に発注する方法です。1つの注文が約定すると、もう1つの注文は自動でキャンセルされます。

    IFDOCO(IFO)

    IFDとOCOを組み合わせた注文方法です。

    トレール

    注文を出すと同時に逆指値注文(ロスカット)を発注し、相場の変動に応じてロスカットも変動する方法です。

    ストリーミング

    成行注文において、許容スリッページを指定して注文する方法です。

    時間指定成行

    あらかじめ時間を指定し、指定時間にナルト成行注文が発注される注文方法です。

    リピート時間指定成行

    あらかじめ時間を指定し、終了日まで繰り返し同じ時間帯に成行注文が発注される注文方法です。

    時間指定指値

    あらかじめ時間とレートを指定し、レートに達しなかった場合でも注文が発注される注文方法です。

    全決済

    通貨ペアや買い、売りに関わらず、すべての注文を一度に決済できる注文方法です。

    金額指定前決済

    あらかじめ金額を指定し、金額に到達した場合に決済できる注文方法です。

    時間指定全決済

    あらかじめ時間を指定し、時間になったらすべての注文を成行で決済できる注文方法です。

    通貨別全決済

    同じ通貨ペアの注文を一度に決済できる注文方法です。

    トリガー

    あらかじめ条件を指定し、条件が達成した場合に注文が発注される注文方法です。

    他通貨トリガー

    通貨ペアの値動きを条件に指定し、条件が達成されたら他の通貨ペアの注文が発注される注文方法です。

    一括決済

    複数の注文を一度に決済できる注文方法です。

    一括買決済

    複数の買い注文を一度に決済できる注文方法です。

    一括売決済

    複数の売り注文を1度に決済できる注文方法です。

    ワンクリック

    一度の操作で注文が完了する注文方法です。

    クイック

    1画面上で注文から決済までの操作ができます。

    ワンクリック決済

    一度の操作で決済が完了する注文方法です。

    pip差決済

    あらかじめpip差を指定し、注文と同時に決済まで行える注文方法です。

    BID判定買(ASK判定売)逆指値注文

    あらかじめレートを指定し、BIDレートが到達した場合に買い、ASKレートが到達した場合に売りの成行注文が発注される注文方法です。

    ドテン決済

    ある注文を決済すると同時に、相対するポジションを建てることができる注文方法です。

    参考:注文方法について(ヒロセ通商公式サイト)

    取引

    ヒロセ通商では、自動売買を行うことができません。そのため、自動売買を利用したい方は、別のFX業者で口座を開設する必要があります。

    最大レバレッジ 25倍
    自動売買 ×
    追証
    スリッページ設定
    デモトレード ◯(*1)

    なお、ヒロセ通商のデモトレードに関しては、取引有効期間は約3ヶ月間ですが、再登録で何度も利用できます。以下は、デモトレードの詳細です。

    デモトレード詳細項目 有無
    価格/期間 無料/3ヵ月
    専用アプリ
    レート反映 ×(*1)
    取引ツール・ルール 本番とほぼ同様

    (*1:土曜日、日曜日は仮想レートが反映されます。)

    入出金

    ヒロセ通商の入金、出金方法については以下の通りです。

    クイック入金(対応銀行数) ◯(対応銀行:380行)(*1)
    ネット出金
    米ドルの証拠金換金 記載なし
    現受け 記載なし
    初回入金額 1万円以上

    (*1:利用可能な金融機関はこちらからご確認ください。)

    トレードスタイル

    ヒロセ通商は、スキャルピングを公認しているFX業者です。ただし、自動売買サービスは行っていません。

    システムトレード ×
    スキャルピング 公認
    バイナリーオプション
    両建て

    通知

    各FX業者は、約定した時やロスカットが行われた時に、トレーダーにメールにて知らせる通知サービスを行なっています。

    以下は、ヒロセ通商で利用できる通知機能です。

    ロスカットメール
    レートプッシュ(*1)
    注文受付通知
    約定通知
    ウィジェット(*2)

    (*1:あらかじめ設定したレートに到達した場合に、通知が届く機能)
    (*2:アプリを起動しなくても、スマホ画面上にニュースやレートの通知が確認できる機能)

    為替情報

    ヒロセ通商で利用できる為替情報は、以下の3種類です。

  • ダウ・ジョーンズ
  • FX Wave
  • Klug
  • 経済ニュース速報
  • また、ヒロセ通商では、レポートやセミナーなどでマーケット情報を配信しています。なお、会場セミナーに関しては不定期開催です。オンラインセミナーは、公式サイトで常時閲覧できます。

    セミナー(会場)
    セミナー(オンライン)
    レポート
    自社コラム

    参考:マーケット情報(ヒロセ通商公式サイト)

    取引環境

    ヒロセ通商は、パソコンやスマホ、携帯電話など幅広い端末から取引をすることができます。

    ウェブブラウザorインストール
    mac対応
    モバイル対応(アプリ)
    ガラケー対応
    日本語対応

    運営会社

    ヒロセ通商の会社概要は、以下の通りです。

    口座数 244,456口座
    自己資本規制比率 516.3%(2018年12月)
    資本金 8億4,691万8000円
    証拠金残高 記載なし
    証拠金の信託先 三井住友銀行
    決済の公開
    上場 東証JQ7185
    サポート(24時間)
    取引時間/注文受付時間 月曜日午前7:00~土曜午前6:00
    (夏時間:月曜午前6:00~土曜午前5:00)
    電話受付時間 月曜日午前7:00~土曜午前6:00
    (夏時間:月曜午前6:00~土曜午前5:00)
    月間取引額 21,498,760枚(2019年1月)
    最短口座開設日数 記載なし

    申し込みの流れ

    ヒロセ通商では、WEBにて申込を行い、本人確認情報とマイナンバーを提出して、口座開設を行います。

    ヒロセ通商で始める

    申し込みフォームから必要情報を入力

    まずは、ヒロセ通商の申し込みフォームから必要情報を入力します。入力する項目は、以下の通りです。

  • 氏名
  • 住所
  • 性別
  • 生年月日
  • 電話番号
  • Eメールアドレス
  • 住所
  • 国籍
  • 米国納税義務の有無
  • 外国の重要な公人かどうか
  • 居住国
  • 職業
  • 年収
  • 収入源
  • 金融資産
  • 投資可能資金額
  • 投資の経験
  • 投資の目的
  • ヒロセ通商を選んだ理由
  • 各書面の確認

    申込フォームの入力と同時に、以下の書面について確認します。必ずすべての確認書に目を通してから、手続きを行なってください。

  • 契約締結前交付書面
  • 店頭外国為替証拠金取引に関する事前説明書
  • 取引内容に関する確認書
  • 米国への納税義務に関する確認
  • 本人確認書類の確認

    上述した項目を入力したあとは、本人確認書類の提出が求められます。提出する書類の組み合わせは、以下の3通りであります。

  • 個人番号カードのみ
  • 通知カードor住民票と顔写真付き本人確認書類1点
  • 通知カードor住民票と顔写真なし本人確認書類2点
  • 以下のものを本人確認書類として提出可能です。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • パスポート
  • 住民基本台帳
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書
  • 各種健康保険証
  • 印鑑登録証明書
  • 住民票の写し
  • 本人確認書類の提出

    本人確認書類は、以下の方法で提出できます。提出後、審査が完了次第口座開設が行われます。

  • WEBでアップロード
  • メールに添付して送信
  • FAXで送信
  • 郵送で送付
  • こんな人はヒロセ通商を

    今回はヒロセ通商のメリットやデメリット、特徴について解説しました。ヒロセ通商は、50を超える通貨ペアと豊富なキャンペーンで人気の高いFX業者です。さらに、スキャルピングを公認しているため、短期売買で取引する方には相性が良いでしょう。

    ただし、ヒロセ通商では自動売買サービスを利用することができません。そのため、自動売買で取引したいという方にはおすすめしません。

    なお、ヒロセ通商ではデモトレードを無料で利用することができます。取引ツールの操作性や画面の見やすさなど、じっくりと検証したい方は、一度デモトレードを始めて見ることをおすすめします。

    -FX

    Copyright© Sensis(センシーズ) , 2019 All Rights Reserved.